長年料理苦手だったのに料理好きに変えてくれた電気圧力鍋


電気圧力鍋を購入してから、大の苦手だった料理や自炊が好きになりました。
なぜなら料理が苦手なままでも、鍋のおかげで簡単に美味しく調理してくれるようになったからです。

例えば、冷凍した魚とその他の材料、調味料を鍋に入れてスイッチを入れるだけで、あとは放っておくだけで調理してくれます。
魚は骨まで柔らかく煮込まれ、丸ごと食べられます。
味付けを自分好みにするにはレシピで学ぶといった勉強が必要ですが、その工夫さえ楽しくなりました。

そして、圧力鍋で炊いたご飯は、炊飯器よりも格段に美味しいことを初めて知りました。
そのときの感動は、とても印象に残っています。
炊きあがって蓋を開けたときのお米のツヤ、食べたときのモチモチ感と甘み。
半年以上たった古いお米とは思えない、格別の味でした。
家で炊いた中で最も美味しいご飯を味わった瞬間でした。
コーンと冷凍の枝豆、だし汁を入れるだけの炊き込みご飯も絶品です。
圧力鍋で引き出された豆の旨味とクは、塩ゆでとは比べ物になりません。

自分にも美味しい料理ができるのが嬉しくて、レシピ本で学ぶようになりました。
料理が好きになったことが、とにかく嬉しかったです。